2006年12月02日

玄箱(Debian)にJDK5.0を入れる

玄箱でAirProxyを実行したいがためにJDK5.0をインストールする。JREでもいいのだろうが、Javaコードをコンパイルする機会もありそうなのでJDKにした。
5.0以前のJDKならmake-jpkgを使ってtar.gzをdeb化出来たが、どうやら5.0のtar玉には対応していないようだ。(java-package 0.24で試した)
仕方ないのでパッケージ化せずに手動インストール。

1. ibm-java2-jdk-50-linux-ppc.tgzというファイルを手に入れてくる。(下記の参考ページで入手方法は説明されているのでここでは割愛します)

2. 解凍して配置する。
# tar zxvf ibm-java2-jdk-50-linux-ppc.tgz
# cp -r ibm-java2-jdk-50 /usr/local/share
# rm -rf ibm-java2-jdk-50

3. alternativesにJDK5.0の記述を追加する。(これにより前バージョンと簡単に切り替えて使える)
# update-alternatives --install /usr/bin/appletviewer appletviewer /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/appletviewer 315
# update-alternatives --install /usr/bin/idlj idlj /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/idlj 315
# update-alternatives --install /usr/bin/jar jar /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/jar 315
# update-alternatives --install /usr/bin/java java /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/java 315
# update-alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/javac 315
# update-alternatives --install /usr/bin/javadoc javadoc /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/javadoc 315
# update-alternatives --install /usr/bin/javah javah /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/javah 315
# update-alternatives --install /usr/bin/javap javap /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/javap 315
# update-alternatives --install /usr/bin/jdb jdb /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/jdb 315
# update-alternatives --install /usr/bin/rmic rmic /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/rmic 315
# update-alternatives --install /usr/bin/rmid rmid /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/rmid 315
# update-alternatives --install /usr/bin/rmiregistry rmiregistry /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/rmiregistry 315
# update-alternatives --install /usr/bin/serialver serialver /usr/local/share/ibm-java2-ppc-50/bin/serialver 315

4. 動作確認
# /usr/bin/java -version
java version "1.5.0"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build pxp32dev-20061002a (SR3) )
IBM J9 VM (build 2.3, J2RE 1.5.0 IBM J9 2.3 Linux ppc-32 j9vmxp3223-20061001 (JIT enabled)
J9VM - 20060915_08260_bHdSMR
JIT - 20060908_1811_r8
GC - 20060906_AA)
JCL - 20061002

<参考>



posted by 名無しさん at 20:40 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ・ネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。