2006年04月30日

Debian化した玄箱にカーネルモジュールを入れる

ここでは例としてTUN/TAPデバイスのカーネルモジュールをインストールすることにします。

注(07/02/18追記):
玄箱HG用のTUN/TAPなら自分でコンパイルする必要はありません。
まずはこの記事を見ることを強く推奨します。


なぜTUN/TAPデバイスかって?
OpenVPNを玄箱に導入したはいいが、
Note: Cannot open TUN/TAP dev /dev/net/tun: No such device (errno=19)
Note: Attempting fallback to kernel 2.2 TUN/TAP interface
Cannot allocate TUN/TAP dev dynamically
とログに残り起動せず。どうやら玄箱うぉううぉうのkernelではTUN/TAPモジュールが導入されていないようだ。(当然だ)
そんなわけで導入します。

1. kernel.orgから2.4.17のkernel tar玉をDLして解凍。(bzip2がインストールされてなければapt-get install bzip2で事前にインストールしておく)
wget http://www.t.ring.gr.jp/pub/linux/kernel.org/kernel/v2.4/linux-2.4.17.tar.bz2
bzip2 -d linux-2.4.17.tar.bz2
tar xvf linux-2.4.17.tar

2. makeする項目の設定をします。
cd linux
make menuconfig
するとGUIっぽい画面が出てくるので"Network device support --->"でEnterを押し、Yキーを押す。("[ ] Network device support" が "[*] Network device support" に変化する。)
次に、下の方にある"< > Universal TUN/TAP device driver support"でMキーを押して"<M> Universal TUN/TAP device driver support"にする。
以上の2つとGeneral setup内のNetworking supportとLoadable module support以外はNキーを押して"[ ] 〜〜〜〜〜〜"にする。(そうすることでコンパイルにかかる時間を短縮できる。)
設定が終わったらEscキーを数回押して"Do you wish to save your new kernel configuration?"と聞かれるのでYesと答える。


3. version.hを書き換えます。

書き換えを行わないと、
tun.o: kernel-module version mismatch
tun.o was compiled for kernel version 2.4.17_mvl21
while this kernel is version 2.4.17_kuro-box.
と怒られmoduleのロードに失敗します。
書き換えた部分は、/lib/modules/xxx のxxxの部分になります。
xxxは、現在使用しているkernelの名前に合わせる必要があります。
(上の太字の部分に合わせる)
vi include/linux/version.h
以下のように書き換えます。
#define UTS_RELEASE "2.4.17"

#define UTS_RELEASE "2.4.17_kuro-box"

4. いよいよmoduleをmakeする。
make dep
make modules

5. 出来たモジュールを動作確認する。
cp drivers/net/tun.o /lib/modules/2.4.17_kuro-box/kernel/drivers/net
depmod -a
depmod: *** Unresolved symbols in /lib/modules/2.4.17_kuro-box/kernel/drivers/netmodprobe
modprobe tun
lsmod
Module Size Used by Not tainted
tun 5168 0 (unused)
どうやら正常に読み込んだようだ。

追記:コマンド部分が見にくくてスマソ。コピペするときはちゃんと一行になってます。

<参考>
NE(ねとわーくえんぎにあ)日記 - メモ
http://d.hatena.ne.jp/rs6000moe/20041204



posted by 名無しさん at 22:27 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | コンピュータ・ネット
この記事へのコメント
にもかかわらずいつもお人気なのはあるが、国内ではいつでもを相互交換しなければならない贈り物をもらった。
Posted by coach factory outlet at 2010年12月29日 11:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。