2005年12月05日

iPod 4G ColorへiPodLinuxとPodzillaをぶち込む方法(for Win)

iPod(4G Color)でも動くLinuxがあるそうなので早速入れてみる。しかもビデオ再生も出来るのだとか。

注)この記事は個人的なメモにすぎないので分かりにくいと思われます。データの消失やiPodの動作不良などのトラブルには一切責任を持たないので実践するならat your own risk(自己責任)で。実践する場合はもっとよく調べてからの方がいいかも。
  1. iPodのファームウェア領域(第1パーティション。音楽などは第2パーティションに入っている)をバックアップする。
    <LinuxやCygwinなどでの例>
    # dd if=/dev/sdx1 | gzip > iPod_original_firmware.img.gz

    x部分は環境によってaだったりbだったりcだっt(ryする。この例ではgzipによる圧縮付き。
  2. インストールに必要なファイルを落として解凍しておく。
    4G用インストーラ(4gipl.zip):http://ipodlinux.org/4G_Installer
    そのほか、最新カーネルとPodzillaをhttp://ipodlinux.org/builds/から手に入れてくる。(????-??-??-podzilla.gz と ????-??-??-kernel.bin.gz)
  3. ????-??-??-kernel.bin を 4gipl/iPod Linux Installer Modded/linux.bin に上書き
  4. 4gipl/iPod Linux Installer Modded/ipodlinux-installer.exeを実行してデフォのままでインストールを進める。
  5. ????-??-??-podzilla を podzilla にリネームして[iPod drive]のルートに放り込む。
  6. [iPod drive]/startを以下のように書き換える。
    #Starting update...

    cp /hp/linux/tocopy/* /
    rm -R /hp/linux/tocopy
    rm /hp/start
    #Update finished...
    ↓↓↓
    #Starting update...

    mv /hp/podzilla /sbin
    mv /hp/vip /sbin
    rm /hp/start
    #Update finished...
  7. 接続を解除する。そうすると、リセットがかかるはずなのですかさず巻き戻しボタンを押しっぱにする。(この時に何もしなければいつもの画面が出てくる。)
  8. Linuxキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!と叫ぶことでしょうw

※もし失敗してびっくりフォルダ現象が起こるようになったらさっきのバックアップでファームを復元しましょう。たぶん元通りになるはず。
<LinuxやCygwinなどでの例>
# gzip -dc iPod_original_firmware.img.gz | dd of=/dev/sdx1

x部分は環境によっ(ry。

ビデオの入れ方は次回書く予定です。今回はiPodLinuxとPodzillaのインストールまでです。

<参考>



posted by 名無しさん at 02:33 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | コンピュータ・ネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

iPod Linux "podzilla"
Excerpt: iPod Linuxを実現するにはインストーラ、iPod Linuを操作するため
Weblog: IT備忘録
Tracked: 2009-03-05 22:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。